【5分で読める】ウマ娘はどんな馬? ウマ娘図鑑[15]サトノダイヤモンド

《ウマ娘 プリティーダービー》で登場するウマ娘のモデルとなった現実の競走馬を知っちゃおうという企画。

本日は【サイトノダイヤモンド】の登場です。

今回のご紹介を読んでいただけることで、特に《現実》における競走馬としての物語が分かるようになっています。

《現実》における結果を知ることで、そのウマ娘の特性(距離適性など)も知ることができるので一石二鳥!

《現実》の競走馬に詳しくない方は、これを機に競走馬も知ってもらえると嬉しいです。

この記事の内容

サトノ一族のエリートであり一番手!

© Cygames, Inc.
誕生日2013年1月30日
ディープインパクト
マルペンサ
母の父Orpen

「サトノ」の冠名で知られる里見治氏が馬主。

「サトノ」一族は15頭以上いるが、その中でもサトノダイヤモンドは抜群の成績をおさめた一族イチの競走馬。

新馬での落札価格は税込みで2億4150万……すごい価格で取引された馬でもあります。

父親がディープインパクト、母親がアルゼンチンのGIを3勝しているマルペンサなので高額もやむなし。

GI勝利を得たのは3歳である2016年のみであり、その後は凱旋門賞(海外GI)にも出走するもののGIIしか勝利できず。

しかしGIレース2勝、GIIレース2勝、GIIIレース1勝と、平凡な馬でもなかったのは間違いありません。
※直接対決でキタサンブラックも破っていますし。

主なGI勝ち鞍

2016年菊花賞(GI)|有馬記念(GI)

2016年 菊花賞(GI)

皐月賞(GI)で3着、東京優駿(日本ダービー・GI)で2着と、クラシック三冠で惜しくも勝利を逃して迎えた3歳秋。

1番人気となった菊花賞(GI)。

クラシック三冠のライバルであったディーマジェスティと人気もレースも競い合い、最後は直線で引き離し彼岸のクラシックレース制覇。

ここまで人気は得ながらも勝ちきれなかったがみごとに勝利してみせたのです。

なお、「サトノ」一族においても初のGI制覇となったのでした。

2016年 有馬記念(GI)

菊花賞(GI)に勝利してその勢いのまま有馬記念(GI)へ出走。

1歳年上であり既に実績のあったキタサンブラック、前年度覇者のゴールドアクター、宝塚記念(GI)勝者のマリアライトなどの強豪が揃う中で1番人気となった。

なお、サトノダイヤモンドが単勝2.6倍、キタサンブラックが単勝2.7倍と人気を二分した。
※3番人気のゴールドアクターは単勝7.9倍であった。

最終コーナーでは先行するキタサンブラックとゴールドアクターに並び、最後はキタサンブラックをクビ差で差し切っての勝利。

3歳ながら並みいる古馬(4歳以上の馬)を倒して優勝したのでした。

しかし、GIレースという意味において活躍はここまで。

この後は、2017年に出走した天皇賞・春(GI)の3着が最高位で競走馬としての生涯を終えることになるのでした。
※GII以下も、2018年の京都大賞典(GII)で勝利したのみ。

歴代戦績

日付レース名人気着順騎手距離
2015/12/262歳500万下66アヴドゥ芝2500
2016/2/7きさらぎ賞(GIII)36モレイラ芝2400
2016/4/17皐月賞(GI)21川田将雅芝2400
2016/5/29東京優駿(GI)16ルメール芝2200
2016/9/25神戸新聞杯(GII)37戸崎圭太芝2000
2016/10/23菊花賞(GI)23ルメール芝2000
2016/12/25有馬記念(GI)215ルメール芝2400
2017/3/19阪神大賞典(GII)24ルメール芝2400
2017/4/30天皇賞(春)(GI)23ルメール芝3200
2017/9/10フォワ賞(GII)11ルメール芝3000
2017/10/1凱旋門賞(GI)11ルメール芝2500
2018/3/11金鯱賞(GII)11ルメール芝3000
2018/4/1大阪杯(GI)11ルメール芝2400
2018/6/24宝塚記念(GI)22ルメール芝2400
2018/10/8京都大賞典(GII)13ルメール芝2000
2018/11/25ジャパンC(GI)11ルメール芝1800
2018/12/23有馬記念(GI)11ルメール芝2000
まげるブログカバー_サイトノダイヤモンド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム大好きパパゲーマー『まげる』が、独断と偏見でお送りするゲームブログです。

メインはプレイしたゲームの感想レビューとなり、ゲームに特化した記事を投稿しています。

ゲームに対しては甘口ですが、開発者に対しては辛口傾向にあります。

一応、10年以上ゲーム業界で働いているゲーム屋でございます。
(だから開発陣には身内感あってちょっと辛口)

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる