【乳首ポコ】男性の乳首問題を解決する6つの方法|男性のマナー

薄手のシャツを着るときに男性の乳首が浮かびあがる『乳首凸』。

『乳首ポコ』『胸ポチ』とも言われる状態は、女性から嫌がられる現象となっています。
(以降、『乳首ポコ』に統一)

実際にアンケートでは以下のような結果が出ています。

夏の身だしなみでNGだと思うもの

1位:乳首が目立つシャツ(58.0%)
※某結婚紹介サービス会社が20~34歳女性1605人から取ったアンケート結果

男性の乳首が目立つシャツが気になる

YES:88%
※都内女性105人から取ったアンケート結果

なお、都内男性100人から取ったアンケート結果によると、男性も38%の人が「気になる」と言っています。

以上のことから、この『乳首ポコ』現象は対策しない訳にはいきません。

この記事の内容

『乳首ポコ』対策方法とは?

『乳首ポコ』について以下のような対策方法が考えられます。

  1. 男性用ニップレスを使用する
  2. 重ね着をする
  3. 『乳首ポコ』対策のインナーを着用する
  4. 大きめのサイズのシャツを着用する
  5. 胸筋を鍛える
  6. 手術をする

1~4に関してはすぐに簡単に対策が行える方法となります。

5~6はハードルが高く、時間や費用が掛かることから現実的ではありません。

以上のことから1~4を中心に具体的な対策について解説していきます。

男性用ニップレスを使用する

ニップレスと聞くと女性を思い出すかもしれませんが、男性用の製品も多く発売しています。

今回は私が使用しているものをいくつか特徴別にご紹介していきます。

NORAH 男性用ニップレス(SPORTS・BAND)

目立たない度
貼りやすさ
持続力

透明でやや硬めの素材を使った男性用ニップレス。

表面はサラサラしており肌触りはとても良い印象。持続力は高いですが、剥がす時は痛みはゼロで剥がれます。

通気性は体感では分かりませんが、肌が弱い私が10時間以上着用しても肌が荒れたことが一度もありません。

透明素材のため白Tシャツでも全く形など浮き出ることがなく、裸になってもパッと見は分かりづらくなっているのも特徴です。


kerätä 男性用ニップレス(NIPPLE BAND)

目立たない度
貼りやすさ
持続力

絆創膏のような非常に柔らかい素材で出来ている男性用ニップレス。

柔らかい素材ですが、乳首を押し込んで貼ることで、しっかり『乳首ポコ』を防止してくれます。

素材からして通気性が良く、肌が弱い私が10時間以上着用しても肌が荒れたことが一度もありません。

肌色素材ですが白Tシャツでも基本的にはシルエットが分からないようになっています。

ただし裸になった際は、透明素材よりも案外と目立ってしまうのでスポーツジムや水泳など行く方で裸になる際には注意が必要です。


ニップレスの代替品として絆創膏を紹介しているWebページや雑誌があります。

「絆創膏はダメ」ということはありませんが問題が無い訳ではありません。

『乳首ポコ』問題は薄手のシャツで起こりやすい現象です。

そのため、普通の絆創膏ですと、『乳首ポコ』は防げますがその代わりに絆創膏の形が浮かび上がる懸念があるのでオススメしません。

また何かしらの理由で裸になった際にも、ニップレスなら未だしも絆創膏は死ぬほど恥ずかしいですからね……。

重ね着をする

ニップレスを貼りたくない場合にオススメの方法のひとつです。

薄手のTシャツなら、その上からカジュアルシャツを重ねることである程度の『乳首ポコ』を隠すことが可能です。

弱点としては主に夏の季節、暑くなった際に上着を脱ぐことができないことです。
(隠すために上着を羽織っているので当然ですよね……)

なお、私はインナーにユニクロの薄手のシャツ(エアリズム)を利用しており、多少は『乳首ポコ』の対策になっています。

しかし、エアリズムは良い意味で薄いので完全な対策とはいきませんのでご注意ください。

『乳首ポコ』対策のインナーを着用する

実は『乳首ポコ』を対策したインナーシャツが発売されています。

NoPointsインナー

多少値は張りますがこちらを一度購入すれば何度も繰り返し使用することが可能です。

特に夏などはインナーを着た方が汗対策としても良いので、こちらを1着~数着購入しておくことで二重の対策になるのでオススメです。

毎日外出される方にとっては、こちらが最もコスパが高くなるかもしれません。

大きめのサイズのシャツを着用する

普段のサイズがS~Mの方に主に有効な手段となっています。

ワンサイズ上の上着を着用することで、ダボっとなり『乳首ポコ』を防ぐことができます。

ただし、ご自身の体格などから考慮してワンサイズ上の衣類が似合わない可能性があります。

スラっとした人があえてダボっとしたシャツを着る姿はたまに見掛けますし組み合わせによっては似合っていたりもします。

胸筋を鍛える

これはなかなかに強引な手段であり時間が掛かる方法でもあります。

特に乳首の上側の筋肉をモコっとさせるように鍛えることで、乳首を下向きにして『乳首ポコ』になることを防ぐ方法です。

器具を使わない場合は腕立て伏せが有効ですが、ひとつ注意点があります。

腕立ての方法を間違えると対策にはなりませんのでご注意ください。

このように幅広いスタンスでの腕立て伏せがオススメ(脇を絞める腕立て伏せは逆効果!)

手術をする

これは最終手段です。乳首が極端にポコっている人は手術で解決することができます。

ただし費用は調べた限り数十万万になるとのこと。よって方法としてはあまり現実的とは言えません。

あまりにも酷いポコの人は検討しても良いかもしれませんが、一般的な人にとっては必要がない方法だと思えます。

1~5までの対策では意味がなかった人のみ、専門医に相談してみてください。

まとめ

本日は男性の乳首が浮き出てしまう問題『乳首ポコ』の対策についてまとめました。

  1. 男性用ニップレスを使用する
  2. 重ね着をする
  3. 『乳首ポコ』対策のインナーを着用する
  4. 大きめのサイズのシャツを着用する
  5. 胸筋を鍛える
  6. 手術をする

私が普段から利用しているのは、もっともお手軽な①となっています。

男性用ニップレスを使用してから、乳首が浮き出ることが全く気にならなくなったのでオススメです。

『乳首ポコ』は他人が気づいているか分からないのですが、自分で気づいてしまうとかなり気になってしまう要素。

ちょっとした対策で夏の外でも気持ちよく薄着でいたいですよね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム大好きパパゲーマー『まげる』が、独断と偏見でお送りするゲームブログです。

メインはプレイしたゲームの感想レビューとなり、ゲームに特化した記事を投稿しています。

ゲームに対しては甘口ですが、開発者に対しては辛口傾向にあります。

一応、10年以上ゲーム業界で働いているゲーム屋でございます。
(だから開発陣には身内感あってちょっと辛口)

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる