【パニシング:グレイレイヴン】アクションが軽快で心地よい|レビュー速報

2020年12月4日(金)にリリースされたアプリゲーム《パニシング:グレイレイヴン》のレビュー速報です。

本作は中国のGUANGZHOU KURO TECHNOLOGY社が開発したアクションRPG。

未来+SF+ディストピアであり、世界観の各種設定にも非常に力の入っている作品となっています。
設定が凝っているが故にオリジナルの固有名詞も多く、最初は取っ付きづらいという一面も。

アクションは操作性もよく快適性もあるため、最初の触り心地としては好印象なアプリとなっています。

レビュー速報について

  • 本記事はレビュー速報のため筆者が数時間プレイした感想となります。
  • そのため10数時間プレイしないと判明しない機能等については言及していません。
  • 「どんなゲームか簡単に知りたい」ときの参考としてください。
  • レビュー速報の点数基準は☞コチラ
この記事の内容

タイトル情報

製品名パニシング:グレイレイヴン
プラットフォームiOS|Android
ジャンルアクションRPG
発売元HK HERO ENTERTAINMENT
開発元GUANGZHOU KURO TECHNOLOGY
発売日2020年12月4日
パニシング:グレイレイヴン

パニシング:グレイレイヴン

HK HERO ENTERTAINMENT CO.無料posted withアプリーチ

ゲーム概要/レビュー速報

本作は正統派なアクションRPG。
【構造体】と呼ばれるアンドロイドを操作して、人間に敵対する謎の存在【パニシング】に侵された機械【浸食体】を倒していく。

スリーマンセルとなっており、操作キャラクターである【構造体】はストーリーやガチャで入手する仕組み。

ゲーム性:★★★★☆

バトルの操作性は快適であり遅延もほぼ無いといっても良いレベル。
ジャンプはないようだが、スマホアクションにおいて個人的にジャンプはマストではないので問題なし。

敵の攻撃も分かりやすくなっており、反応速度が良い人ならすべて避けることも可能。
スキルもただ使うだけでなく、パズルのように3つ並べると効果が上がる仕組みのため、分かりやすく飽きづらい仕様になっています。

ただし、視点変更がしづらい印象。

敵のいる位置も分かりやすく表示してくれるため、視点変更せずとも敵の位置は把握できますがもう少し頑張って欲しかったかな。

快適性/UI:★★★★☆

UIは世界観を表現したデザインとなっており見た目にカッコいい。

中国産タイトル特有の要素の多さはあるが、何かできるようになるとアイコンに青丸が付くようになっています。
序盤は青丸さえ気を付けていれば、育成や報酬受け取りに迷うこともなし。

各画面への遷移におけるロードも快適で、唯一バトルへ移行する際に少々ロードがあるが気にならない程度。

唯一難点があるとすれば、やや文字が小さい箇所があるが……プレイする世代を考えれば問題ないと思える。

グラフィック:★★★★☆

グラフィックレベルは好印象。
最高峰ほどではないが、高いレベルでまとまっています。

バトル画面においても敵味方、構造物などが分かりやすくなっており、エフェクトも派手ではあるが見やすさを阻害していません。

キャラクター造形も日本人が好みそうな造形をしており、全体的に世界観を重視して『カッコいい』に寄せているのは個人的には好印象。

マネタイズ:★★☆☆☆

ガチャが開放されるのが少し遅め。ストーリーの『1-11』をクリアすると開放される。プレイ時間とすれば30分程度。

【構造体】いわゆるキャラクターの最高レアリティの排出率が0.5%とかなり渋い。
10回でAクラス、60回でSクラスが1体確定など救済策はある(ガチャによって確定回数は異なる模様)

ガチャは闇鍋(いわゆるキャラクターやその他アイテムが入っている)のため、確率も併せて厳しい作り。

また【構造体】もSSS+まで強化できるため、どちらにせよ本気で課金するとなるとかなりの金額を要求される作りになっています。
(この辺りは流石は中国産タイトルと思える……)

【黒パス】と呼ばれるチケットが有料通貨となっており、1黒パス=0.5円のレートで販売。
※『\120=有償黒パス60+無償黒パス60』という販売方法のため、単純な【黒パス】の枚数は『金額=黒パス』になっています。

その他:★★☆☆☆

前述した通り、ストーリーがオリジナル要素多めで難解であることから、最初は物語に入り込みづらい。
何となくノリでついていけなくはないが、気を抜くと置いていかれそうなのはやや疲れる。

序盤では面白い内容かどうかが判断しづらいストーリーなのもマイナスポイント
ステージ1のみを読んだ限りでは個人的には「少しつまらない」といった印象です。

この辺りは完全好みのため、あくまでも個人的な意見ということで。

本作の評判は?

App Store4.1/5
Google play4.3/5
※2020年12月10日時点
★★★★

アクションゲームとして、とても完成度は高いと思う。しかし、最初からやれることが多すぎるため、何をしていいか分からない、時間がかかりすぎる、操作が複雑に感じる等の弊害があるように思います。

★★★★

アクションゲームとしては、よくできている部類に入る。3Dにしては容量が軽めなのが高評価。アクションのゲーム性も高く、オリジナリティある面白いバトルができる。しかし、容量を軽くするためか否かは不明だが、アクションに重みが無く、速さでモーションの荒さを誤魔化しているようにもとれる。

★★★

世界観はNieR、システム面は崩壊3rdを意識している。NieRと崩壊3rdが好きな人はかなり楽しめる…と言いたい所だがNieR好きならNieRやった方が良い、崩壊3rd好きなら崩壊3rdした方が良いです。

★★

オートは存在するが初回クリアしたストーリーダンジョンにしかできず、肝心の強化素材にオートがないのが辛い。その割にストーリーの必須戦力の上がり具合がすごいため、育成に間に合わないのが印象的。

☆☆

少し遊んでみた感想。1人用アクションゲームでオン対人、coop要素は(今の所は)なさそう。ADVパートと戦闘パートのステージ制。スキップはある。アクションといっても大別して移動と回避と攻撃ボタンだけで、ジャスト回避によるスロー演出でお茶を濁してる。

本作のオススメ度は?

アクションRPGが好きな人にとってはオススメできるタイトル。
グラフィック、操作性とストレスに感じるところが少なく、快適にプレイすることができます。

ストーリーも最初は独特な固有名詞に戸惑うものの、先が気になるような設定も存在しておりモチベーションに繋がるようになっている印象。

ただし懸念点もいくつか存在します。

まずは課金要素が強めということ。ガチャが厳しめであり育成の天井も高め。
これから先の難易度設定にもよるが、かなりの課金が要される可能性があります。

また2つ目はアクションRPGであること。
少しモチベーションんが下がった時、オートでクリアできないことが面倒になりがち。
本作がいかにアクションを飽きさせない工夫をしてくるかにかかっています。

本作は総合的にみれば高いクオリティでまとまっています。
オリジナル要素にあふれるストーリーが尻すぼみになったり、下手な引き延ばしでダレなければ、中長期で遊べるポテンシャルは秘めています。

パニシング:グレイレイヴン

パニシング:グレイレイヴン

HK HERO ENTERTAINMENT CO.無料posted withアプリーチ

パニシング:グレイヴレイブン_ブログ表紙

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム大好きパパゲーマー『まげる』が、独断と偏見でお送りするゲームブログです。

メインはプレイしたゲームの感想レビューとなり、ゲームに特化した記事を投稿しています。

ゲームに対しては甘口ですが、開発者に対しては辛口傾向にあります。

一応、10年以上ゲーム業界で働いているゲーム屋でございます。
(だから開発陣には身内感あってちょっと辛口)

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる